ワーホリ・留学

【ワーホリ者必見】オーストラリアの高時給ジャパレスに受かる方法・テクニックとは

こんにちは。kenta(@haruhitoPG)です!

これからワーホリでオーストラリアに行く方。まずはジャパレスで働こうと考えている方。

英語初心者
英語初心者
ジャパレスはどこも時給低いってよく聞く…。でも英語に慣れていない最初は仕方なく低時給で働くしかないよね…。

とはいえ、働くならジャパレスでも高時給に越した事はありませんよね。

ただ、高時給のジャパレスで働きたくても

  • 競争率が高い
  • 英語が喋れる人しか働けない

という印象を持っている方が多いですよね。

ですが、コツさえ知っておけば十分に高時給を初めのうちから狙えます。

という事で、今回は、『オーストラリアの高時給ジャパレスで働く方法・テクニック』を紹介していきます!

高時給ジャパレスの探し方

そもそも高時給のジャパレスを探すには、主に2つの方法があります。

  • 知人からの紹介
  • 求人サイト検索

これらについて詳しく見ていきましょう。

知人から紹介してもらう

知人に紹介してもらうのが一番スムーズな方法でかつ安心です。

同じシェアハウスの同居人や同じ学校の友達、イベントで知り合った日本人など。

家探しの際には、良い仕事先を紹介してくれそうな人たちがいるシェアハウスを狙うのも一つの手です。

実際ネットの情報を鵜呑みにして行ってみると、話が全く違うということは少なくありません。なので、現地で聞く情報が一番正確で信用できるモノです。

求人サイト検索

オーストラリアワーホリの人達が仕事探しに良く使うサイトは『日豪プレス』、『JAMS.TV』の二つです。

他にもいくつかありますが、実際この二つを活用すれば十分です。

高時給ジャパレスで有名な『やよい軒』や『一風堂』などの規模の大きい日経企業の店舗求人はJAMS.TV』を優先して求人を出していることが多いので、まずは『JAMS.TV』で探すことをお勧めします。

高時給ジャパレスに受かる方法

高時給のジャパレスの仕事は、実際『誰もが働きたいと思う=競争率が高い』と言えます。

なので、『募集されている求人に応募しても連絡が返ってこない。』なんてことはザラにあり、面接をすることなく落とされる場合が多々あります。

なので、まず高時給のジャパレスで働くために必要なのは

  • 面接の機会を得る

ということです。

そして、そのために必要なのは

  • 履歴書の内容を濃くする

ということ。

そして実際の話、面接の機会を得た時点で9割は採用と考えて間違いありません。

ではどのようにして『履歴書の内容を濃くする』のか紹介していきましょう。

履歴書の内容を濃くする

履歴書で重要視されている部分は主に

  1. ビザの有効期限
  2. 実務経験の有無
  3. ある程度の英語力

の順で3つあります。

つまり、この重要視されている3つの項目について内容を濃くするということ。

あわせて読みたい
【テンプレ有り】オーストラリアで実際にバイトに受かった履歴書(レジュメ)の書き方こんにちは。kenta(@haruhitoPG)です! これからオーストラリアでワーホリをする方、あるいは今現在オーストラリアでバ...

ただ、ビザに関してはどうにもできないので、②,③についての部分を濃くしていきましょう。

②実務経験の有無について

実務経験の有無は重要な判断基準になります。

飲食店での実務経験が長く、調理経験、サービス経験ともにあればほとんどの確率で面接の機会を得ることが出来ます。

学生時代のアルバイトでの経験があれば、経験年数やポジションを一度でも経験があれば多少増やして記載することをお勧めします。

実務経験がない場合、採用確率がかなり下がってしまうので、半年ほどの経験アリで履歴書に書きましょう。(※この場合英語力でのアピールが必須になります)

仮に大げさに履歴書を記載して実際に採用されたとしても、ほとんどの場合は調理場の業務からのスタートとなるので、揚げ物や包丁の使い方がある程度出来ていれば全く問題ありません。

また、大企業であればオペレーションがしっかりしているので、業務も低時給のジャパレスより単純化されており、高時給かつ単純な業務であるのが事実。

③ある程度の英語力について

英語力については、日常会話ができるかどうかで判断されることがほとんどです。

なので、具体的なものさしはありませんので、自信を持って『日常会話レベル』であると言いましょう。

仮に3ヵ月ほどの留学からワーホリに来たのであれば、十分に日常的に英語を使っていたことの証明になるので、短期間の語学留学であったとしても、ある程度の英語力はクリアしていると考えて問題ありません。