ワーホリ・留学

【ワーホリ・留学・海外在住の方】一時帰国で海外転出届を出したままバイトする方法

こんにちは。kenta(@haruhitoPG)です!

ワーホリ・留学・海外在住の方で短期間だけ一時帰国することって結構ありますよね。

そして、どうせならその期間を利用してお金を稼ぎたい!ってなりますよね。

留学者
留学者
この短期間でもバイトしてこれからのワーホリ資金を稼ぎたいな!ただ、短期間でバイトってできるのかな?また、働けたとしても住民票って必要ないのかな…?
海外在住者
海外在住者
日本にいる1ヵ月間、収入なしはちょっとキツいから住民票が必要なければ働きたい!税金とか払わなくちゃいけなくなるから短期間滞在で転入届はなるべく出したくないのよね…。

などなど。一時帰国の際に働くとなると疑問点がいくつか出てきます。

具体的にこんな事、

  • 海外転出届を出したまま働く方法ってあるの?
  • 住民票の提出が不要のバイトってどんなものがある?
  • 一時帰国の期間が短くても雇ってもらえるの?
  • 滞在期間別でおすすめの働き方ってなんだろう?

などなど。ということで、

今回はこれらの疑問も含め『海外転出届を出したまま働く方法』を詳しく紹介していきます。

海外転出届を出したまま働くときの問題点とは

一時帰国で海外転出届を出したまま働くことにはもちろんメリットもありますが、デメリットも何個かあります。

例えば、メリットで言うと、

  • 市役所での手続きの手間がかからない。
  • 国民年金と健康保険の保険料の支払いが不要。
  • 前年の住民税の支払いが不要になる場合がある(※1月1日を含んだ一時帰国の場合)

などなど。主に支払いをせずに済むものが多いです。大事ですよね。

ただ、不便な部分もあり、それらを知らずに働くのはとてもリスクになるので、まずはその辺の知識を頭に入れておきましょう。

リスク①:住民票の提出が出来ない

まず一時帰国の方が働く際にぶち当たる壁ですよね。

実際に近くの飲食店で短期間のバイトの募集をしていたので、僕もそこで働こうと考えたのですが、住民票が必要だと言われ、あえなく諦めました。

というのも、住民票を発行するには転入届を一度提出する必要があるからです。

リスク②:健康保険に加入出来ない

健康保険に加入していない状態で働くのは、実際とてもリスクです。

万が一事故に合ってしまったり、病院に行くことになってしまった場合、全額を自己負担で支払うことになってしまうので、余程のこと以外は病院に行けなくなりますよね。

リスクなく海外転出届を出したまま働く方法とは

これらのリスクを抱えながらも海外転出届を出したまま働くことを考えると、実際どうなんだろう?って思うのが事実。

ただ、もしもこれらのリスクを解決できる働き方や方法があれば、当然のように海外転出届を出したまま働きたいですよね?

ということで、次はこれらのリスクを解消できる方法をいくつか紹介していきます!

①の解決方法:出国前にバイトに籍を置いておく

正直、これが一番スムーズなやり方です。海外転出届を出して出国する前にどこかしらのバイト先に面接に行き籍を残してもらい、一時帰国時にまたシフトを入れる。

この方法で、一時帰国時にいちいち転入届を出して住民票を提出する必要が無くなります

また、帰国前にバイト先と連絡を取りシフトの提出も可能なので、帰国してすぐに働くことができる

よって、バイト探しもせずに済むので、まだ海外転出前の方には一番のやり方でしょう。

ただ、②の解決方法ではないので、ケガや病気には気を付けて働く必要はあります。

①の解決方法:日雇いや単発のバイトをする

日雇いのバイトや派遣のバイトは基本、住民票の提出が不要なんです。

なので、こちらも転入届を提出し住民票を発行する必要がなく働くことが出来ます。

短期のバイト募集サイトではプチジョブなどが有名。

この後にも詳しくいくつか短期バイトについては紹介していくので参考までに。

また、個人店など小規模の企業では住民票の提出を求めない企業もザラにあるのも事実なので、そこを狙って短期間でバイトをするのも一つの手です。

ただ、こちらも②の解決方法ではないので、ケガや病気には気を付けて働く必要はあります。

②の解決方法:クレジットカードの保険を利用する

意外と知られていないのですが、クレジットカードの種類によっては国内旅行保険』が付いているクレジットカードがあるんです。

これには2種類のモノがあり、『自動付帯』と『利用付帯』のモノがあります。

自動付帯とは

国内旅行保険が『自動付帯』のモノはそのクレジットカードを何かしらに利用しなくても保険をいざとなった時に使用できるもの。

そして一方、

利用付帯とは

国内旅行保険が『利用付帯』のモノはそのクレジットカードを旅行の交通機関の支払いやツアー料金の支払いに利用したときのみ、保険を使用できるもの。

ということ。

なので、このいずれかのクレジットカードを使用または、持参すれば、健康保険に加入していない状態でも病院に行くことが出来るので安心して働けますよね。

ただこの場合、当然ですが遠方で働く必要が出てきます。(あくまで旅行保険なので)

そんな条件にピッタリなのが、交通費も出て旅行感覚で遠方に働きに行くことができる『リゾートバイト』なんです。

なので、一時帰国の際には『リゾートバイト』が一番おすすめなのが事実。

海外転出届を出したまま働けるバイトの探し方とは

ここからは具体的に、一時帰国の際の単発の日雇いバイト・短期バイト遠方のリゾートバイトなど、働くための仕事の探し方を紹介していきます。

単発の日雇いバイト・短期バイトの探し方

プチジョブ

プチジョブは予定が急に変更になって時間が空いてしまった!など。急なタイミングでも求人を探して面接なしで今日から働くことが可能なサイト。空いた2時間だけバイトしよう!などのわがままな条件にも対応。一時帰国者以外にもおすすめなサービス。

ショットワークス

単発の日雇いバイト・短期バイトを探すなら1日から働ける激短バイト!ショットワークスです!面接なしで明日からでも働くことができる僕自身も一時帰国の際に何度か利用していました。様々な短期アルバイトが掲載されていてジャンル幅も広いのでプチジョブの求人と比較して判断するのがおすすめです。

遠方のリゾートバイトの探し方

ハッシャダイリゾート

ハッシャダイリゾートでは、利益をほぼ取らない仕組みなので、無駄な手数料がなく、 業界トップレベルの高い時給を保証できます。登録会に行くのが面倒な方でもチャット・LINEのやり取りで済むので簡単。後は軽く電話で決めていくだけなので、面倒な手続きや長い電話が嫌いな方におすすめ。

はたらくどっとこむ

はたらくどっとこむでは、3ヵ月ほどの案件が中心ですが、GW・年末年始・お盆などの短期や、長期の案件も幅広く、もし他社で仕事が見つからなかった場合は最後の手段はここ!と言ってもいいほどの案件数。「ZEROから留学」や「リゾートバイト体験談で5000円もらえるキャンペーン」など、 バイト以外にも稼げるコンテンツがあり特に留学・ワーホリを控えている方が一番多く大人気!

リゾバ.com

リゾバ.comは、知名度抜群でリゾートバイトのパイオニアでもある。常時2000件以上のお仕事件数は業界No.1。高時給のお仕事件数業界TOPクラスで有名温泉地や憧れの離島など全国800ヶ所以上から選択可能。寮費、食費、光熱費が無料だから貯金ができ、スキーシーズンはリフト券無料の特典付き。

リゾートバイト.com

貯金するならリゾートバイト.com!時給は業界No.1!!!と言われるくらい有名な貯金に持って来いのリゾートバイト。リゾートホテル、旅館、ペンション、スキー場などのリゾート地での住み込みバイトの派遣になり、寮費・食費、水高熱費はもちろん無料です。その他、スキー場ではリフト券、 温泉地では温泉無料など、働く場所によってさまざまな特典がつきます。 リゾートバイト.comの強みはなんといっても業界No.1の高時給になります。他社より時給の高い案件が圧倒的に多いです。稼ぐ!たくさん貯める!お金優先の方におすすめ!